たった一日で客単価を上げるアイデア(WiFiサービス編:その1)

私が飲食店を探すときには、
WiFi(お店が解放する無線のインターネット回線)が
つながってるかも重要視しています。

、、、というと、

ネット関係者くらいにしか喜ばれないのでは?

なんて思う方もいるでしょう。

それが普通の発想ですが、
他店との差別化チャンスかもしれません。

私がそう考える理由は意外に多いんですよ。

WiFiは一般的に

NTTなどの大手インターネット事業者がテレビコマーシャルで、
WiFiという言葉を頻繁に使うようになってきました。

「おうちでスマホ」

というキャッチがあったような無かったような…

どういうことかというと、

スマートフォンでのインターネットを自宅で楽しむ際に、

回線の遅いキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の電波を使うよりも、
速度の速い自宅の無線LANを利用した方が、
快適にインターネットを利用できる…

というお話です。

ホームページやチラシでも、
積極的に案内されていますね。

Wi-Fi スマートフォン活用術

iPadなどのタブレットも
よく使われるようになったので、

WiFiという言葉の意味とメリットは、
少しずつ確実に
お茶の間への定着が進んでいます。

そんな時代背景も手伝って、

外出先にWiFiがあれば
WiFiを使って
ネットやfacebookを楽しむ。

そんな文化が根付いてきました。

絶対数は必ずしも多くはありませんが、
確実にニーズのあるサービス。

スマートフォンの普及に伴い、
これからも確実に増えていくでしょう。

さぁ、WiFiを活用して、客単価アップ!

そこで、

飲食店でも
WiFiを付加価値・サービスとして提供しよう!

というアイデアです。

すぐにはじめられる客単価アップアイデア

無料で解放するのも良いですが、
ぜひ有料で解放しましょう。

『WiFiはじめました!
+100円で高速インターネットを利用できます。』

なんていかがでしょうか。

お店の売上は、

『客単価』×『客数』

で、計算できますが、

客単価を上げる方法を考える場合、
既存メニューの価格変更は影響が大きいため、
新たなサービスで客単価を増やす方が好ましいといえます。

飲食店で有料WiFiサービスをおすすめする
その他の具体的な理由、機種の選び方や注意点は
次回の記事でわかりやすくお届けしますね。

たった一日で客単価を上げるアイデア(WiFiサービス編:その2)

SNSでもご購読できます。