料理を撮っているスマートフォン女子は、その後何をしているのか

自分のお店に来た女性が、
スマートフォンで撮影した後に
何をしているか…

気になりますよね。

「変な評判を書かれていないだろうか」
「キレイな画像で紹介されているだろうか」

なんて心配をしている方は多いのではないでしょうか。

【無料版】集客ノウハウのメール講座を、先着限定配信中!当ブログ監修。詳しくはこちら

 

自分の料理やお店がどう評価されるか、
その評価が場合によっては
インターネットの世界に放たれる…

内心穏やかではありませんよね。

そんな不安をやわらげるため、
ネット屋さんの視点から、
予測・分析をしてみました。

フェイスブックやツイッターに公開している

このパターンが一番多いでしょう。

注文した料理をスマートフォンでパシャリ♪

インストールしている画像加工アプリで、
かわいらしくデコ(装飾)る。

画像加工アプリは下記サイトのようなイメージ
(o^-‘)フィルターがかわいい!写真加工アプリまとめ:iphone編

 

自分のしっくりくるイメージに加工できたら、
フェイスブックやツイッターにコメント付きで公開投稿。

友達から「いいね!」やコメントなどがつくと、
そこに自分が主役の小さなコミュニケーションが生まれ、
他人に認めらたいという心理、承認欲求が満たされていきます。

 

、、、ん?

 

「自分のお店の料理が認められたから、
自分のお店の内装が気に入ってもらえたから、
写真を撮られているんじゃないの?」

その考え方は不正解とは言いませんが、
正しいとも言えないかも知れません。

味は普通だったというお店であっても、
写真を撮影してインターネットに公開する人は多いようです。

 

そう考えると、
料理を撮ってインターネットにアップする行為は、

そのお店を紹介したいからではなく、
自分周辺のコミュニケーションを活発にする
キッカケであることがほとんどなのかも知れませんね。

グルメポータルにレビューを書いている

食べログなどに、
お店の感想や写真を投稿するパターンです。

かなりグルメ、
外食が好きな人である可能性が高いでしょう。

投稿は匿名である場合も多いため、
承認欲求を満たすというよりは、
自分のもった感想を正しく伝えたいという
パターンの方が多いかもしれません。

このタイプのお客様にはきちんと評価されたいですよね。。

またグルメポータルによっては
投稿することでポイントが貯まるサイトもあるため、
趣味と実益(ポイント)を兼ねて、
投稿している方もいるでしょう。

非公開のアルバムとして

このパターンの方は、
年々増えていってるんじゃないかなと
私は考えています。

フェイスブックもそうですし、
写真に特化したツールであるInstagram(インスタグラム)などで、
公開しない日記・フォトアルバムとして保存するパターンです。

mixiやフェイスブックなど
本名を使うタイプのネットコミュニケーションは、
気を使うことも多いため、
それを嫌う層が公開しないという選択をします。

ソーシャル疲れという言葉もあるほど…
「ソーシャル疲れ」の現象、背景と原因、疲れない為の対策、疲れた時の対策【改訂:SNSでシェア疲れ】

まとめ

撮った本人はどうあれ、
インターネットでお店の名前や料理が出る機会自体は、
貴重な集客・認知の機会です。

あまり店員にジロジロ見られると撮りにくいものです。

スマートフォンで撮影しやすい店づくり…
というのは難しいですが、
雰囲気を作っていきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す