知らなきゃ損!スタッフブログがネット集客を加速させる7つの理由

ブログやフェイスブックを担当者一人で更新しているお店が多いようですが、もったいない!
所詮一人でやることには限界があります。

ブログ集客のポイントは、良い記事を『多く』書くことで検索からの来店を増やすことですが、店舗スタッフみんなで協力して書くことができれば、そのスピードと効果はグングン加速度的に伸びていきます。

そんな競合店に差をつける、スタッフブログのメリットをまとめてみました。

【無料版】集客ノウハウのメール講座を、先着限定配信中!当ブログ監修。詳しくはこちら

理由1:記事数が増える

当然、ひとりで記事を書くよりも、複数人で書いた方が記事は増えていきます。
スタッフの持ち回りで毎日書くことができれば、月30記事、年間360記事。

これを地域性特化でやれると、競合が後で追いつこうと思っても物理的に追いつけないほどの記事数になります。
正しく書かれたブログの記事数は、ブログの集客力に比例するため、膨大な記事=大きな集客力を意味します。

競合との差別化と地域検索の上位ポジションを長くキープするという意味で、この点が一番のメリット。

理由2:更新頻度が上がることで検索エンジンに読み込まれやすくなる

ブログの記事は、
YahooやGoogleなどの検索エンジンに読み込まれてはじめて、検索結果に表示されるというお話は過去記事のとおり。

なるほど!検索エンジンの仕組みを知るとネット集客の基本がわかる!

「クローラー」というページデータ収集ロボットが、ブログ記事のデータを回収し、検索エンジンの登録してくれるのです。

実はその回収頻度もけっこう大切で、たまにしか更新しないブログには、クローラーはたまにしか来てくれません。
逆に毎日更新していれば、ほぼ毎日来てくれるようになります。

書いた記事が少しでも『早く』集客につながるという意味で大切なポイント。

理由3:記事に多様性が出る>集客の幅が広がる

様々な人間が書くので、一人の人間が書き続けるよりも、記事の内容に幅や奥行が出てきます。

この多様性も大きなポイント。
個々の地域キーワードの検索回数は検索数が少なく集客の天井が見える為、より多くの検索キーワードで上位表示することで、集客を伸ばすことができます。

理由4:親近感が湧く

最もお客様に接するのはだれでしょうか。
ほとんどの場合、それは現場で頑張るスタッフでしょう。

そんなスタッフ自身が書くブログ記事の内容には、管理職が書くそれよりも、親近感や人間味のあふれた良記事になる可能性が自然と高くなるはず。

「きちんと!ミスなく!」というよりも、多少つたないくらいの方が、かわいげがあって心に響くものです。

理由5:記事の質がアップ

ここで言う「記事の質」とは人間にとってではなく、検索エンジンにとってのものです。

集客ブログにもとめられる1記事あたりの文字数は、このブログでも徹底している1,000文字以上。
こちらも過去記事のとおりですが、それくらいの文字量がないとコンテンツが乱立する現代の検索市場では、検索エンジンが相手にしてくれません。

検索上位表示を狙う、おいしいブログ記事の文字数は1,000文字から

ツイッター程度の文字数のブログを毎日書いている方がいますが、その状態ではどんなに多くの記事を書いても徒労に終わってしまう傾向が高いと言えます。

とはいえ、1,000文字の記事を書き続けようと思うと、壁は意外と高いもので、ひとりで記事を書いていたらモチベーションの維持が難しく、次第におっくうに。

でも複数の人数で持ち回ることで、数日に一回であれば、ちょっとくらいの長文も継続的に乗り越えられそうです。

ちなみにこの文字量の差は、人力でなんとかするしかなくズルができにくいため、ここ最近の検索順位に、ますます大きく影響するようになってきました。

理由6:スタッフのやりがい&士気の向上

アルバイトやパートさんは、仕事に対して必ずしも「お金」のみを求めているわけではありません。
給料を上げなくても、残業を減らす変わりに「やりがい」を増やすことで、人は満たされるものです。

それには「正しく評価される」「正しく褒められる」ことが大切だったりしますが、ブログの記事単位のアクセス数がわかるようにしておいて、評価基準にすることが効果的。

努力が数字となって現れるブログのアクセス数は、まさに「正しく評価」できる仕組みであり、アクセスが伸びたスタッフを「正しく褒める」ことができます。褒められて嬉しくない人なんていませんしね。

なのでブログのアクセスは、定期的に書いた人たちに公表しましょう。
内容によっては、表彰をしても良いかも知れません。

また、アクセス数だけでなく、ブログからの実来店数が計測できるとさらに良いです。
飲食店ならテーブルのアンケート用紙。美容室などのサロンは、初回カルテ作成時のアンケート項目に入れておくことで、計測が可能になってきます。

理由7:あなた(管理者)の負担が減る

スタッフそれぞれが直接公開してしまうと最近はやりの「おバカ投稿>>炎上」などの危険性があるので、公開しない下書き原稿の状態で管理者が受け取り、管理者が最終チェックを行ってから公開しましょう。

たまに、

「あいつにはブログは無理だ!」

とか言ってる方がいますが、そんなことを言っている間は、いつまで経ってもあなたは忙しさからは解放されないし、一人でできることの限界を突破できません。

毎日続けていればトイレ掃除と同じように、ブログを書くことが当たりまえのことになります。
一連の流れをマニュアル化しておけば、スタッフの入れ替わりがあっても、スムーズに引き継がれる文化が作られます。
そうなると、質だって安定してきます。

そう、
ブログを書く「マニュアル」と「文化」

これを一度作ってしまうと、あなたは監督のみを行うだけで、お店の集客ブログが育ち続けていきます。
集客効果は高まるのに、負担は減るという好循環のできあがりです。

まとめ

整理してみるとこんなメリットいっぱいのスタッフブログ。
流れを作るまでが大変ではありますが、見返りはとっても大きいものです。

お店のチーム一丸となっての取り組みをはじめてみてはいかがでしょうか?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す