【まじか!?】WELQアップデートの原文解読から予想、2017年のSEO対策 7大ポイント

2017年2月3日金曜日に、
Googleが公式に発表したWELQアップデート。さすが神様、仕事がはやい。。

おそらく今週盛り上がることを予想して、
考察記事を投下しておきますよ。

独自の妄想&希望的観測も含め。

※この記事の、原文のスクリーンショット・原文の引用部分は、Googleウェブマスター向け公式ブログの記事「日本語検索の品質向上にむけて」を引用させて頂いております。

【無料版】集客ノウハウのメール講座を、先着限定配信中!当ブログ監修。詳しくはこちら

WELQアップデートとは?

2月3日金曜日の
Google公式ブログにより明らかになった
検索エンジンのアルゴリズム改善。

原文はこちら。

出典:Googleウェブマスター向け公式ブログ
以下、本記事の引用はすべて同ページ

ポイントを抜粋すると

今週、ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えました。今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

今回の変更は、日本語検索で表示される低品質なサイトへの対策を意図しています。

2016年12月のWELQ炎上の件への対応だろうということで
WEB界隈の皆様には「WELQアップデート」と呼ばれている様子。

WELQ炎上の件は、以前わたしも記事にしました。
【WELQ炎上祭り】に学ぶ、ライター&発注者への6つの提案。ネット著作権の今と、身の振り方を考える

原文を読み解きますと、
WELQだけではなく
同様の特徴をもったキュレーションメディアが対象に。

ひとつずつ解読してみましょう

WELQアップデート、原文を読み解いてみよう

ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することのない、品質の低いサイトの順位を下げる

下記部分は、まとめるとそういうことでしょう。

今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、

検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く

というところは、
フワッとしてるので飛ばします。

長文の大量生産を下げるって意味も含まれそうですが、
良記事を書いても同様の状態になる可能性が残るため。

 

もう1点ふわっとしている
「ユーザーに有用で信頼できる情報を提供」

コンテンツ イズ キングと言われて数年経ちますが、今までと同様のメッセージ。
これからは「信頼できる情報」がより評価されると予想できます。

理由は、今回やりだまにあがった(であろう)WELQなど
キュレーションサイトの特徴を
可視化するとわかりやすい。

  • 記事のテーマについては素人
  • 格安外注&大量生産(クラウドソーシング)
  • 長文
  • 日本語が怪しい
  • 語彙が少ない
  • 著作権フリーの無料もしくは格安画像(見覚えのある画像)
  • ITリテラシーの低い人が、シェアしてばらまく

今回の対策は手動ではなく「アルゴリズム(自動)」ということなので
Googleがアルゴリズムでこれらを下げようとする場合、
逆張りをすれば良さそうです。

品質の低いサイトの順位が下がる

品質の低いサイトの順位が下がります。

これには主語が隠されていて、 (検索したユーザーにとって)品質の低いサイトとは… となるはず。

自分に置き換えて想像しますと、

  • 検索意図と違う → 途中でサイトを去る
  • 日本語がおかしい → 途中でサイトを去る
  • 根拠がない、弱い → 途中でサイトを去る
  • 文字だけでわかりにくい → 途中でサイトを去る
  • 公平性がない → 途中でサイトを去る

いずれもそう思ったタイミングで離脱します。

結果、オリジナルで有用コンテンツを持つサイトが上位表示

その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示

落とすサイトがあれば
相対的にあがるサイトもあるので当然といえば当然。

しかし、
個人的に引っかかる点が。

SEOは
「検索キーワード:ページ」
1対1の関係なのに、
ページといわずにサイトと仰る。

これは、ページの集合体である
サイトやそれを発信する著者(Author)を重視しますよ

、、、というメッセージにもきこえますが、
いかがでしょうか。

 

さて、
ここまでの妄想分析から
今後の有効な対策を予測してみます。

2017年、これからのSEO対策はこうじゃなかろうか(こうであって欲しい)

ポイント1:サイト全体の品質

SEOが語られる際たいていは、
Google Analyticsの指標などをもとにした
ページ単体のテクニックの話に。

その視点に加え、
それらの積み重ね…ページの集合体である
サイト全体の平均データも重視されているように感じます。

 

改善指標として候補にあがるのは、

  • 検索結果でのクリック率
  • 直帰率
  • 滞在時間
  • スクロール量
  • シェア率
  • フォロー率
  • 更新頻度
  • 記事数
  • 被リンク数

 

ポイント2:著者・Authorの影響力が拡大

meta Authorをそのうち重視するのでは、
みたいな話はその後どうなったのでしょうか。
検索しても最近のまともな見解は見当たりません。

ところで、
キュレーションサイトでは、クラウドソーシングの大量生産。
これと逆張りをしようとすると、

  • 安い金額で雇えない
  • そのテーマのプロの
  • 至極の記事

です。

この点を考えると、
そろそろmeta Authorが評価されていそうな。

SNSのフォロワー数などで、
Authorの社会的影響力を計測できるはずなので。

これが実装されれば、
ドメインが古いとかオリジナルでないとか、そんなことはどうでもよくなるので、手っ取り早いと思うんだが。

ところで、私がハマってるビットコインですが、
それを支えるこれからの技術ブロックチェーンにも
「分散データベースと合意形成」という考え方がありますね。

ネットワーク上での膨大なやりとりの中から、
個人の社会的影響力が計測され、
それがSEOに最も効く時代がきてもおかしくないはず。

ポイント3:公的機関データなど、社会的権威からの引用

有名ブロガーさんの中には、
絡まれ対策の為にやってる方もいらっしゃいますが、
記事の信憑性にもひとやく買ってそう。

「その記事の根拠は?」って絡まれても、
「総務省のこのデータですよ、これより良い根拠があれば是非見てみたいです」
っていえば、あぼん。

一方、
普通の訪問者は安心して、
最後まで記事を読み進めることができる。
→滞在時間・スクロール量UP

ポイント4:スクロール量が評価される

これがSEOで語られることは少なそうですが、
わたしが検索アルゴリズム担当だったら指標のひとつにするけどなぁ。

良い記事であれば、記事の下部まで進むのが
当然の人間心理な気がしますがいかがでしょう。

Ptengineのようなヒートマップツールでしかみれないスクロールが、
GoogleAnalyticsに標準機能として実装されると、
一気に信憑性がアップ。

現時点でも頑張ればやれるそうですが、
標準機能化に期待。

ポイント5:動画やツイッター埋込など、ある程度知見と人力がないとピックアップできないコンテンツ埋込が評価される

第三者の目&記事を補足する引用元として優秀な、

便利なツイッターやYoutube埋込み

これらは、
記事テーマへの深い理解のうえで、
人力とセンスを活用して
ピックアップする必要がある。

大量生産と逆行するので、
SEO評価軸として良いと思うのですがいかがでしょうか。

実際、おもにブログですが、 上位表示のツイッター埋込率ってけっこう高いイメージ。

ポイント6:実際に体験したり、使ってみた記事が評価される

こちらも大量生産が不可能かつ、
記事の品質アップに効く評価軸。

実際に使ったり、体験したレビューに
勝る話はありません。

単なる評論家と、
専門家・体験者の間には超えられない壁がある。

  • 使った
  • 体験
  • やってみた
  • レビュー
  • レポート

などのキーワードが自然と増えるはず。

ポイント7:オリジナルの画像の利用

画像認識の技術が高まっているとはいえ、
写真だけをみて
信頼できるオリジナルか否かを見分けることができるのか

それは、
「他のサイトで使われていないユニークな画像である」
という判定ができればわかるはず。

キュレーションの多くは、
著作フリー画像・格安画像が使われる傾向があります。

これらは
複数のサイトで利用される可能性があるので、
そこで評価を下げる。

逆に重複してないオリジナル画像なら評価UP。

記事と写真との関係性を画像認識で判定できれば、
さらに精度UPですが、さすがにまだ難しいか。

さいごに

昔はコンテンツよりも
被リンクの影響が強かったイメージがありますが、
きちんとした被リンクの評価が上がる気がいたします。

その他にも
SSLなどテクニック的なものはいくらでもありそうですが、
本日はこの辺で。

継続的にサイトの品質評価アルゴリズムのさらなる改善を行って参ります。

と仰ってるGoogleの中の方。

この記事で使えそうなものがあれば是非。

そしてここまで言っといてあれですが、
私はマーケターですがSEO専門家ではないので話半分でw

あとがき

書きながら思ったんですが、
こういうタイムリーなネタって最初に書いたページに
被リンクが集まると思うんですよ。

なので、
事件を起こすならぜひ、金曜日にお願いします。
(土日記事かける私が有利になりますのでw)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す