ホームページが検索結果でまったく表示されない理由と対策方法

せっかくホームページを作ったのに、検索しても出てこない。困る!

よく頂くご質問です。

YahooやGoogleが運営している検索サービス。
その検索結果の表示を自由にできれば、
集客・売上向上に直接影響するため、
皆さんの関心が高いテーマです。

それだけにライバルも多く、
思うようにいかないのは当然。

また、YahooやGoogle側が
順位や表示を決定する方法を公開していないため、

「あなたのお店」

など競争の低い、
固有名詞キーワードの検索でも、

「これだけやれば絶対表示できる!」

という特効薬はありません。

とはいえ、
傾向やポイントさえ抑えれば、
お店の名前での検索などの固有名詞キーワードは上位表示できることがほとんどです。

今回はその傾向や対応方法をご紹介します。

ちなみに現在、
YahooはGoogleの検索システムを使っているため、
検索エンジン提供元をGoogleとしてお話を進めていきます。

まずは、順位をチェックしてみよう!

あなたのホームページが、

  • 本当に表示されていないのか、
  • 表示されていて順位が果てしなく低いのか

これら現状を把握するところから、
問題解決はスタートしますが、
その順位の確認には1分もかかりません。

下記のツールなどで調べることができます。
検索エンジン一括順位チェックツール

検索エンジンの基本的な仕組み

検索結果に表示される内容はすべて、
Googleのデータベースに登録されている情報です。

逆にあなたのホームページが
Googleのデータベースに登録されなければ、
検索結果に表示される確率は0%です。

検索エンジンのクローラー(調査ロボット)が
インターネットの世界を常にウロウロしており、
この調査ロボットにあなたのお店の存在を知ってもらうことで、
Googleのデータベースに登録されます。

YahooやGoogleなどの検索結果の表示は、
このGoogleのデータベースの情報をもとに表示されています。

Google公式のサイト登録を行う

ここからは具体的な対策方法です。

「新しいホームページができましたので、登録お願いします!」
とGoogle側に伝える申請フォームです。

ただ、この申請フォームでGoogle側が

送信されたすべての URL がインデックスに登録されるとは限りません。

といっているように、
必ず登録されるという保証はありませんが、
必ずやっておくべき内容です。

ウェブマスターツール – URLのクロール
Googleのアカウントを持っていない方はこの機会に作っておきましょう。

外部からのリンク=つながりをつくる

クモのように張り巡らされたネットワークの総称が「WEBウェブ=インターネット」とも言われるように、
インターネットの世界は「リンク=つながり」によって成り立っている…とも言えます。

あなたのブログやホームページが新設された場合は、
どこからも「リンク=つながり」を与えられていない孤独な状態。

そこに自身のツイッターや外部のブログなどからリンクを張ることで、
「リンク=つながり」が生まれ、
Googleのクローラー(調査ロボット)があなたのホームページに来ることができ、
結果、Googleのデータベースにあなたのホームページが登録されます。

検索エンジンへの登録を許可しているか

「このホームページは、検索結果に表示しないでください!」

という命令を、
ホームページの裏側(サーバ)の設定で行うことができます。

0942

会員性サイトや個人情報を取り扱う、
公開前の工事中ホームページなど、
あえて検索結果に表示したくない場合の設定です。

もしなにかの手違いで

「検索結果に表示しないで!」

になっている場合は、
なにをやっても検索結果に表示されません。

この設定は、
ウェブやネットワーク技術者でないと操作が難しいため、
心当たりがある場合は、担当者に問い合わせてみましょう。

ブログやホームページのタイトルが正しく設定されているか

2309343

ホームページのタイトルは
検索結果を表示するための最も重要な要素のひとつです。

ここに検索で表示されたいキーワードが入っていないと、
表示されない、もしくは表示されても順位がかなり低く気づかない恐れがあります。

また、キーワードが多すぎると力が分散され、
どれも表示されない傾向にあるため、

飲食店の場合に私がおすすめしている設定は、

「絞られた地域 ジャンル 店名」です。

左側がより強く検索に反映されるため、
見込客が検索する「絞られた地域 ジャンル」の後に店名を入れます。

博多のラーメンやで店名が「繁盛屋」の場合は、

「博多区 ラーメン 繁盛屋」

と設定するイメージです。

こちらの記事で詳しく紹介しています。
集客に差!ホームページ・ブログのタイトルの失敗しない決め方

求めすぎてはいないか

「居酒屋 新宿」で1位を狙いたい!

この発想は無謀です。

、、、とは言いませんが、

膨大なお金をかけている大手なども混ざってくる人気すぎる、競合が多すぎるキーワードで、新しいホームページで勝つことはできません。

検索表示はランキング制で、
競合あっての結果です。

あなたのブログ・ホームページよりも、
相手のブログ・ホームページが有用だとGoogle側に判断された場合、
競合以下の順位になってしまいます。

そのことを理解し勝てない方法で、

「出ない、出ない」と嘆く前に、

勝つための対策を地道に行いましょう。

  • ブログを更新する
  • ブログホームページを独自ドメインのものにする
  • フェイスブックやツイッターを活用する

などなど、
やるべきことはいくらでもあります。

作ってから3か月経過しているか

残念ながら、
新しいホームページの場合はとくに、
検索結果の対策後の変化は一日にしてならずなのです。

ここまでのすべての対策を行ってから、
3か月待ちましょう。

3か月経ってもまったく表示されない場合は、
Googleの反映までの時間の問題でなく、
ここで上げてきたような何かしらのミスが考えられます。

独自ドメインを使っているか

同じ条件の場合、

アメブロなどの他者のドメイン(ホームページアドレス)を
間借りするブログやホームページは、

独自ドメイン(あなた専用のオリジナルアドレス)よりも、
検索結果が低い傾向にあります。

詳しくはこちらの記事でも取り上げています。
独自ドメインが集客に圧倒的に有利な理由

表示されても順位が低い場合は、
予算を確保して、
独自ドメインでかつ集客に強いタイプの
ブログやホームページへの移設も検討するのもひとつの手です。

長くビジネスをする場合は、
こちらの方が幸せになれます。

もし興味がある方は、
私が企画・デザイン・開発した集客ブログホームページの作成サービス、カフェリアを覗いてみてください。

まとめ

インターネットの世界、
とくに検索市場はGoogleの独断上のため、
思うようにいかないことも多いですが、

きちんと理解し対策することで、
きちんと表示され、
お客様に見つけてもらえるホームページにしていきましょう。

SNSでもご購読できます。