オリンピック商用利用とオリンピック委員会への問合せ 2020東京五輪編

法治国家の日本。
うかれ過ぎていて知らなかったでは済まされないこともあるかも…

2020年の東京オリンピック開催が決まり、
一生に一度あるか分からないこのチャンスを活かし、
イケイケどんどん商用利用を促したいところですが、

やって良いことと悪いことがあるようです。。

今回は、
「日本オリンピック委員会(JOC)」さんへ直接の問い合わせも含め、
皆さん関心の高いオリンピックの商用利用についてまとめてみました。

オリンピックの商用利用は基本的にアウト!

日本の広告の適正化を進めるJARO(日本広告審査機構)によると、

知的財産に関連する日本の法律としては、不正競争防止法、商標法、著作権法があり、オリンピックに関する知的財産を無断で使用した場合、内容によっては、これらの法律に抵触する恐れがある。

とあります。
カンタンにいうと、オリンピックの商用利用は内容によっては「違法」になるということです。

具体的な内容をまとめると、

(1)権利の主体者の許諾なしに、
(2)商業利用の一環として、
(3)企業、団体、個人のイメージアップ、商品価値をあげるために、
(4)オリンピックの用語やマークを使用する場合、
(5)オリンピックのイメージを使用して、権利の主体者と何らかの関係を有するとの誤認を生じさせる恐れがある場合

微妙な言いまわしですか、
個人法人問わずオリンピック・五輪のマークや用語を使い、
イメージアップや、商品価値を上げてはいけない=商用利用禁止!。。ということですかね。

これだけ読むとほぼアウトな見方が出来る一方、
商用表現を薄めればセーフな方法もありそうです。

たとえば、

「2020年東京五輪、応援セール」
「2020年東京オリンピック開催決定!おめでとうセール!」

など、応援・お祝い・おめでとう的な表現であれば、
問題なさそうな気もします。

、、、

という気がしていたのですが、

こんな記事を見てやはりダメなのかなと…

オリンピックセールを無断でするとIOCから莫大な請求がくるというのは本当です

ちなみに、大手百貨店は五輪決定を記念し
続々とセールを行っていますが、
その内容は「東京セール」という名のとおり、
オリンピック表現はまったく無し。

さすがにベテラン勢は商用利用について慎重なようです。

商用利用に対して厳しい規制の背景

オリンピックって、
招致だけでなく決定後の開催準備にも相当なお金がかかります。
競技場や道路・鉄道などのインフラ整備などですね。

で、

このお金を入場料収入だけで賄えないので、
国や自治体がお金を出すワケですがそれでも限界があります。

そこで、

企業がスポンサーとしてお金を出し、
その見返りにイメージアップのために、
オリンピック関連の広告表現を使ってイイですよ!
商用利用してもイイですよ!

という双方のメリットが生まれます。

ということは、

誰でもオリンピック表現を商用利用できてしまうと、
大金を払ってスポンサーになる意味がなくなるので、
オリンピック関連の活動資金が足りなくなってしまう恐れがあり、
それを防ぐために厳しい規制があるという仕組みのようです。

ちなみに、
公式スポンサー一覧はこちら

報道番組以外で一切オリンピック表現が出ないところをみると、
公式スポンサーであっても商用利用に使って良い時期がありそうですね。

 

そんな流れで、
公式スポンサーさん以外が使うと、
日本オリンピック委員会が「アウト!」とする表現として、
下記例がネットに上がっていました。

  • 4年に1度の祭典がやってくる
  • おめでとう東京
  • 招致成功おめでとう
  • 日本選手、目指せ金メダル!
  • 日本代表、応援します!
  • TOKYO2020
  • 東京五輪
  • 東京オリンピック
  • Tokyo Olympic
  • 五輪
  • オリンピック
  • Olympic
  • がんばれ日本
  • 4年に1度の祭典がやってくる
  • おめでとう東京
  • やったぞ東京
  • 招致成功おめでとう
  • 日本選手、目指せ金メダル!
  • 祝・オリンピック決定セール
  • がんばれ!ニッポンセール
  • がんばれ!ニッポン!

【JOC】東京オリンピック 商用利用でアウトになる可能性のある宣伝文句 使用例 まとめ

「おめでとう東京」もアウト 五輪商戦、言葉にご注意

もう全滅、
絶望的ですね…。

 

なるほど、
話は分かる。。

でも、
何とか商用利用を実現したい…

そのために、
規約や記事を読んだけど、
わからなくなってきた…

 

そうか!

 

よし、、、

 

日本オリンピック委員会(JOC)様…に聞いてみよう!

ということで、
0.1%の可能性に賭けて、
直接JOC(日本オリンピック委員会)に下記内容で問い合わせてみました!

982

お忙しいところ大変恐れ入ります。
アパレルネット販売・飲食店を運営に携わる小野と申します。

今回、2020年東京五輪開催に伴いまして
著作や商標の取り扱いに関して2つの質問をさせて頂きたく存じます。

●広告表現に関して

自社が運営する
アパレルのネットショップにおいて、

「2020年東京五輪、応援セール」
「2020年東京オリンピック開催決定!おめでとうセール!」

など、
「開催決定を喜ぶ・応援する・祝う」といった表現で
セール企画を行うことを検討しております。
上記表現でセール企画を行っても問題ないか。
その際に、五輪マークを小さくでも使用することは可能か。

●飲食店のメニューに関して

運営する飲食店において、
例えば日替わり定食などで、

「オリンピック応援スペシャル定食」

など、
五輪関連キーワードを使用したメニュー名の展開、
および、料理内に五輪マークを表現することは可能か。

===

上記2点、
お忙しいところ大変恐れ入りますが、
ご確認・ご回答のほどよろしくお願いいたします。

これだけ聞いてはっきりした内容がかえってくれば、2020年まで安心ですね。

逆にすべてがアウトになる可能性の方が高いし、
そもそも相手にされず返信が来ない可能性も…

 

ちなみに、
問合せ文章を書いている間も
某人気ブランドのネットショップが、
すこぶる商用なメルマガを発射してきて驚き…

現場で頑張ってる方は知らないようなので、
早めに教えてあげた方がイイですよ、上長さん!

まとめ

もし、オリンピック委員会からの返信がくれば、
続編を書きたいですがどうなることやら…

世の中の風潮的には「完全にアウト」なため、
明確な個別回答を得られない限り、
オリンピックの商用利用は控えた方が良さそうですね。

【9/28追記】
問合せから2週間以上経ったのに返答なし!
さすがに相手にされなかったかな。

ということで、
ビジネスには一切絡めずに、
1日本人として純粋に応援することにします。

わずかな可能性を引き続き模索し続けながら。。

SNSでもご購読できます。