全エリア集客可能!Google検索結果の3種の集客枠を知ろう

ネット集客の屋台骨は、GoogleやYahooなどの検索エンジンなワケですが、
Google検索だけで言うと、主に3種類の集客可能枠があることをご存じでしょうか?

表示方法や特性の違う3つの枠。

今回は『パソコンでGoogle検索した結果』の画面についてのみ、集客視点でまとめました。

2395vvcccccc8

↑まずは全体像。(クリックで拡大)

ここではわかりやすいようA・B・Cと3つのエリアに分けています。

エリアA:GoogleAdWords有料広告枠

読み方はグーグルアドワーズです。有料枠で、いわゆる広告というやつです。

「私は1クリック100円までなら払うわ!」
「うちは1クリック80円で入札!」

など、オークションや市場の競りのように入札形式で広告を出稿し、集客(クリック)された分だけ、Googleから請求されます。
(厳密にいうと前払いチャージ式です)

設定さえ正しくできればデータがきちんと管理されるので、街頭看板と違って細かくデータが計測でき投資効果を検証しやすいです。

エリアAは検索結果の最上部に表示されるほか、広告の数によっては右サイドや下部にも表示されます。
入札額が高い方が上位に表示されやすいですが、広告分や誘導先のページの最適化など、細かいテクニックの積み重ねによって、競合の半額で1位を獲得したりできる実はテクニカルな枠です。

Googleという会社の収益の90%以上を支えていると言われている広告枠なので、Googleが力を入れている>大きな集客効果が見込めますし、お金もかかります。

「地域+居酒屋」

などのキーワードだと、競合の多い都心で1クリック100円とか150円じゃないかなと思います。

これはもちろん1クリックであって1店舗来店ではないので、誘導先のページで実店舗への来店を促す工夫が必要。ここをさぼると、お金がいくらあっても足りません。

で、この枠は誰でもお金を払えば出稿できます。

[Google公式]Google アドワーズ であなたのウェブサイトを宣伝しよう

時間があるけど資金が潤沢じゃない個人事業主さんは、ご自分でチャレンジされると良いと思います。
私の周りでは御年70歳の社長さんが独学で運用してます。頭が下がります。
ただプロが多い&資金のある大手が強い枠なので、かなり手間をかけないと難しいです。

逆に、時間がなくて資金が潤沢な方は、プロの運用代行にまかせるといいです。
Googleが広告スキルを認めている認定パートナーから選ぶと多少安心だと思います。

ちなみに私は、お仕事あれこれでだいたい自動車数台分くらい運用させて頂いています。Yahooの方は正規代理店なので、アレでしたらご相談ください。
顔を合わせないと心配な方は、地域の正規代理店を探して問い合わせてみましょう。

こちらで検索できるようです。
Google パートナーを検索

エリアB:自然検索(オーガニック)枠

無料枠です。
1ページに10件表示。
SEO・検索エンジン最適化と直接関係する枠です。
またブログが最も得意な枠でもあります。

ここの上位表示は、いくらお金を積んでもコントロールできません。

Googleがお金でこの枠をコントロールすることに否定的です。
、、、でないと↑の有料広告枠の意味がないですしね。。

なので、しつこいSEO業者の電話営業にだまされてはいけません。
時間の無駄ですので丁重にお断りしましょう。

唯一お金で解決できるとすればGoogleを買収することくらいでしょうか。親身で優秀なライターを雇って、膨大な記事数を誇るブログを作っても可能かも。

このSEOネタだけで本が50冊くらいかけそうなので、今回はこの程度に。

エリアC:Googleプレイス枠

Googleいわく、

Google プレイスは、お店や場所に関する情報をまとめたサービスです。

飲食店などの地域性の強いビジネスを、アメリカのマーケターはローカルビジネスなんて読んだりするそうです。そんな地域系のキーワードで検索した場合は、Googleマップとお店の情報が表示されます。無料枠なので、知らなかった方は今すぐ登録しておいた方がいいです。

Googleプレイス

順位の決定要因はいろいろあるそうですが、基本的には入力項目を正しく&全て埋めて、検索キーワード(地域・住所)との関連性が高いと上位に表示されるようです。

まとめ

少し駆け足になりましたが、Google検索結果ページの3つの枠をご紹介しました。

努力+資金+設定+地域

が上手くかみ合えば3枠同時集客もできます。
そんなもっとも理想的なカタチが↓

2395vv8

それぞれの具体的な攻略法については今後も取り扱っていきますが、まずは全体像のみということで。

 

余談ですが、今回エリアCとしたGoogleプレイス枠は、地域系検索じゃないと出てきませんが、物販系のキーワードで検索するとGoogleショッッピング枠が出ることがあります。無数にサービスを展開しているGoogleなので、検索キーワードによっては、まだ見ぬ集客枠があったりするかも知れませんね。

SNSでもご購読できます。