検索上位表示を狙う、おいしいブログ記事の文字数は1,000文字から

ブログ記事を書くときに、
何文字くらいにまとめれば、

  • 人が読みやすいのか
  • 検索エンジンが読みやすいのか
  • フェイスブックやツイッターでも拡散されやすいのか

気になりますよね。

せっかく同じ内容を書くなら
「良い」とされる文字数をルール化し、
サクサク記事を書いていきたいもの。

【無料版】集客ノウハウのメール講座を、先着限定配信中!当ブログ監修。詳しくはこちら

ブログ記事の文字数は1000文字から

私がブログを書くときは、
このルールを徹底しています。
最低1,000文字を超えないと公開しません。

また、私がお手伝いするお客様が
ブログを書く際にも文字数1,000文字超えを推奨しています。

その理由は、、、

検索エンジンに嫌われないため

WEBプログラマーの技術者は、
寝ている間に自動で
ブログの記事を増やす魔法を使えます。

例えば、
楽天市場で販売中の商品の、

  • 商品名
  • 商品説明文
  • 画像

を自動で抽出し、
1記事1商品で毎日自動更新する、
商品紹介サイトを作るという方法です。

楽天市場が提供している「API」という技術を利用するため、
一見「著作権は大丈夫?」と思われがちですが問題ありません。

私も多少のプログラミングはできるため
この方法で商品紹介サイトを
50個以上作っていますが、

今はまったく通用しません。

文字数が少なくなり、また
オリジナル情報のコピーとなるため、
現在はGoogleやYahooが推奨しないブログ記事になってしまうからです。

そんな背景があるのに、
毎日の更新が300文字以下程度で、
少し料理を紹介する程度のブログだったら…

そう、
自動の記事と勘違いされ、
検索エンジンから嫌われる可能性が高くなるワケですね。

ブログ成功者は概ね1,000文字超え

この記事を書く際に、
私が読んでいるブログ5件の記事20件分の
文字数を計測してみたのですが、

800~2,500文字程度でした。

また、この記事を書く直前に販売が開始された
ブログ歴10年の有名ブログーが書いた著書によると、

1日30分しか時間がない人は800文字を意識しましょう。

と言っています。

プロ・ブロガーの 必ず結果が出るアクセスアップ テクニック100 ファンにも検索エンジンにも好かれるブログ運営の極意

また、
アメリカのSonyやIBMのコピーを書いてきて億万長者になった、
マーケティング専門のコピーライター、ロバート・W・ブライさんは著書の中で、
ブログ記事は100~300ワードが適切だとしています。
ワードがそれくらいなので文章にすると、
1,000文字は超えることが多いでしょう。

プロが教えるHowtoコンテンツでお金を生み出す方法

ちなみにこの記事は、
このあたりで1,000文字超えです。

迷ってる時間で10記事かける

実は私が考える一番の理由がこれです。

「ブログに人が来ない」
「どうやったら検索エンジンで上位になる?」

なんてご相談を受けることも多いのですが、
そういう方のほとんどは、
短い文章のブログ記事なのに50記事も書けていない状況です。

ブログに人が来る可能性が高まり
本当におもしろくなるのは、
ブログ記事が100記事を超えてからです。

そんな方は疑問や不安から、
気になって情報を調べたり聞いたりするワケですが、
実はこの時間が

本当にもったいない!

その時間だけで、
読者が読みたくなる記事を
毎月10記事くらいはかけるのでは?と思うほど。

「1,000文字以上でOK」

こんなルールがあれば、
余計なことを気にせず
どんどん情報を発信していけますよね。

文字数は関係ない…が公式見解?

SEOの人気ブログ
海外SEO情報ブログ」では、

コンテンツの良し悪しは文字数で決まるわけではない。
必要な文字数はあなたがユーザーに伝えたい情報を伝えるのに必要な文字数である。

というGoogle公式の見解を紹介しています。

まとめ

たいしておいしくもない料理が
大量に並ぶお店が選べれないのと同じ。

ブログ記事だって、
おいしい記事が、
たくさんの中から選べる方が良いはずです。

まずは、
1,000文字ルールを守って、
どんどん、おいしい記事を発信していきましょう!

1,000文字の数え方がわからない方は、
下記ツールの「改行、空白を除いた文字数」を参考にしましょう。

文字数カウンタ

そしてこの記事は、1,600文字を超えるのでした。。
ちなみに執筆時間は約1時間。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す