お買い得?1000いいねが15ドルで買える水増しいいね!の可能性

1,000いいねが15ドルで買える時代になりました。
女性のランチ1回分の値段で買えるなんてお買い得じゃぁありませんか?

…と最近ウェブ屋さんのまわりでにわかに盛り上がっている、いいねの水増しについて、あえて考えてみました。

結論、
いいね!水増しは、
よくないね!!

、、、特定の業種以外は。

水増しいいね!は『1,000いいね!/15ドル』で買える

前にも少し記事にしましたが格安で海外アカウントから「いいね!」を買う方法があります。
今の相場だと1,000いいね、15ドルほどで変えるそうです。

いいね!生産工場が存在する…?

とくにバングラディッシュや中国に多いそうなんですが、
3交代勤務>24時間体制でひたすら偽造アカウントでいいねを量産する、
『いいね!生産工場』が存在するそうです。

イギリスの番組が報道したことがキッカケの様子。
最近同じような記事を大手ニュースサイトなどでも見るようになったので、おそらく事実なんでしょう。

フェイスブック「いいね!」捏造工場を発見 24時間体制でクリック

その他のラインナップとして「Youtube再生回数>1,000回/2ドル」などもあるそう。こちらもお買い得ですね…。
ツイッターのフォロワーや、LINEの友達を増やすってのもありそうですね。

大量のいいね!はステータスになりうるか

大量のいいね!はステータスになるかならないかで言うと、おそらくなるでしょう。
「すごい!このページどれだけ人気があるんだろう!」なんてことを一時的に思わせることは可能。

OZPA_asyuraiine

地元にラーメン屋が2件あって、片方が1,000いいね、もう片方がフェイスブックすらやっていなかったら、前者のお店に行きたくなるのが人間というもの。

 

、、、

 

ん?

 

はたして本当にそうなのでしょうか?

 

まず、
1,000いいね!という数だけで来店したとしても、
たいして繁盛していないお店であれば、そのお客さんは「なんで1000いいね!なんだろう…」ってなります。

さらに、たいしておいしいお店でなければ、「これが1000いいねなんて、どうかしてるわ…」ってなります。

繁盛した結果として生まれる自然ないいね!に、
水増しした大量のいいねは太刀打ちできません。

むしろ悪評をまねく可能性すらありそうです。

水増しいいね!はLIKEBOXが悲惨なことになる

フェイスブックが提供しているパーツのひとつに、
LIKEBOX(ライクボックス)というものがあります。

748748541

いいね!といっている人が顔で並ぶパーツですね。

特に飲食店やサロンであれば、
ある程度いいねが貯まってきたら活用したいパーツ。

ホームページやブログにこのパーツを置くだけで、
繁盛感、人気(ひとけ)や温かみを演出でき、来店確率アップが期待できるからです。

ただこのLIKEBOX、
いいね!をクリックしているアカウントの中から、ランダムで表示させているようで、
一度水増しに手を付けてしまうと活用の道を絶たれてしまいます。

いいね水増しをすると、
「自然ないいね」よりも「水増しいいね」の方が割合が高くなってしまうため、
キムさんだの、マイクさんだの、謎の外国人アイコンばかりが並んでしまいます。

「どんな人がいいね!を押してるんだろう…とクリックしてみると」外国人だらけ。。
その人はあなたのお店を利用することはないでしょう。

法律的にはどうなのか

ここまで見てきたように、いいね!の『水増し』であるサービス。
消費者に誤認を与えることに違法性がないのか気になりました。

その点について、ある弁護士さんの見解としては、

水増しは景表法の不当表示になり得るが「クリック工場そのもの」は対象ではない

うーん、
そもそも水増しサービスを利用する我々側がアウトになる可能性がありそうですね。
逆にいいね生産工場はセーフ…。

水増しいいね!が生き残る可能性

そんな中、
いいね!水増しサービスを上手く活用されるとすれば、

ポッと出の出会い系サービスなどでしょうか。
誰の「いいね」かなんて見ないでしょうから、老舗の安心出会い系サイトを演出することができそうです。。

やはり、
まっとうなビジネスには使えそうにないですね。

ヒマがあれば、以前のように体当たり取材してみたいものですが、ただ怪しいアカウントからのいいねが1000増えるという、オチが見え見えの状態なので、今回はやめておきます。。

まとめ

まったく来店の可能性がないグローバルな1,000人の水増しいいね!よりも、
『足しげく通いコメントを書いてくれるようなあなたのお店の本当のファン=>地元の10人のいいね!』の方が圧倒的に価値があります。

「10人の真のファンを獲得すれば、小さなビジネスは成功する」なんて言葉もありますしね。
ちなみにWEB完結のビジネスだと100人だったりします。

そう、

水増しいいね!は
よくないね!

地道にファンを増やしましょう!

SNSでもご購読できます。