≪最終勧告≫ブログのマルチポストは集客に悪影響!@捨て身の検証

ブログをコツコツ書いて集客することは、ネット集客の基本の『き』の字としてオススメしているわけですが、その集客テクニックのひとつに『マルチポスト』というものがあります。

メリットもデメリットもある方法なので、
賛否が分かれるこのマルチポスト。

その効果は絶賛検証中なんですが、
反対派のひとりとして現時点での見解をまとめてみました。

このブログが検索エンジンから抹殺されるかもしれない、
捨て身の検証になっています。。

マルチポストとは

まず、インターネット用語でマルチポストというと大きく二つの意味があります。

ひとつは、
Yahoo知恵袋や教えてgooなど複数の質問掲示板に、全く同じ質問(文章)を同時に投稿する行為。

質問側は早く答えが知りたいのでやっちゃうワケですが、
善意でわざわざ答えてくれる人に失礼にあたるということで、ネチケット違反という風潮です。

すぐに見つかって叩かれますので、
今回の主題とは関係ないですがついでに覚えておくといいです。

私もそんな文化を理解するまではWEB技術系の質問サイトでよく叩かれてれました。。

で、

今回扱うマルチポストは、
『同じブログの文章を複数のブログ・媒体に投稿』する行為です。

マルチというと、
ネズミ講的な胡散臭い感じがしますがそういういかがわしいモノではないです。

独自ドメインブログとアメブロで検証

冒頭に書いているとおり私は検証もかねて、
このブログとは別にアメブロにも同じ記事を掲載しています。

  • 独自ドメインブログ(このブログ)
  • アメブロ

74872

アメブロは無料だと広告が表示されるんですが、
わざわざ月額980円払って有料プランにして広告を消してます。

なぜマルチポストするのか?

独自ドメイン(この)ブログは『検索エンジン』から、
アメブロは『アメブロ』内からの集客が得意です。

逆に、
独自ドメインブログはアメブロのユーザーには接触できませんし、
アメブロは独自ドメインブログに比べて検索エンジンで順位が上がりにくいです。

なので、
この2つの市場から同じ記事で集客しちゃおう!というのが、
ブログマルチポストの目的です。

しかもコピー&ペーストたけなので、
手間はほとんどかかりません。

実店舗での集客に例えると、

鹿児島県でラーメン屋をしている会社は、
鹿児島県内の店舗だけでは北海道の人に食べてもらえないので、

同じ看板とメニューで北海道に出店して、
北海道の人を集客するようなイメージです。

やってることは鹿児島店も北海道店も同じですが、
全体の集客が増えることがイメージ頂けると思います。

ネットショップでは常套手段

実はこのマルチポスト、
ECでは常套手段です。

まったく同じ商品群・商品情報・商品価格を、
独自ドメイン、楽天、ヤフー、アマゾンなどと支店出店を展開して、
集客と売上拡大を狙うのは繁盛店の必須条件だったりします。

商材や競合状況によりますが、
楽天市場の店舗で月商1,000万円売る力があれば、

  • 本店(独自ドメイン)で500万円
  • Yahooショッピングで300万円
  • amazonで300万円

という売上が見えてきます。

楽天市場店単体だと「1,000万円」ですが、
4店舗合算だと、倍以上の「2,100万円」です。

 

もちろん店舗を増やす分、
いろいろと解決しないといけない問題は出てきますが、
全体の集客や売上だけを見るとそんな感じです。

マルチポストの効果は大きくはないが、塵が積もって山になる

で、
本題のブログのマルチポストにもどりますが、

今からマルチポストを始めたからといって、
莫大な集客効果がうまれるワケではありません。

 

、、が、

確実に集客(アクセス)母数は増加します。

 

例えば独自ドメインブログで、
1,000文字以上のニーズのある記事を100記事書くことができれば、
少なく見積もっても『100アクセス/1日』程度の検索エンジンからのアクセスが見込めます。

理由はシンプルで、
最低でも1記事に対して1日1人集客できれば100記事で100アクセスです。
ニーズのある記事を書いていればそんなに難しいことではないと思います。
(私が過去に携わったブログはその水準をしっかり超えていました。)

そしてこの状況でアメブロにマルチポストすると、
平均で『5~30アクセス/1日』程度の集客に。

つまり、

『アメブロへのマルチポストは、独自ドメインブログの5%~30%のアメブロアクセスの獲得』

という雰囲気。

これは言い方を変えると、

『独自ドメインとアメブロのマルチポストを活用』すれば、
『独自ドメインのみの運用』よりも、
ほぼ同じ手間で105%~130%の集客効果を得られるかも知れないという状態です。

数字だけ見ているとワクワクしますね。

実は見逃せない圧倒的なデメリットが…

理論だけ考えると、
マルチポストしない手はないですよね。

世の中のほとんどのネットショップがやっているんだから、
ブログもやってしかるべきだ。

そう考えるのが自然ですが、

 

『マルチポスト、ダメ!絶対!!』

 

理由は2つあります。

Googleが完全否定

このブログでも何度か書いていますが、
日本の2大検索エンジンであるYahooとGoogleは、
両方ともGoogleの検索システムを利用しています。

なので、
検索エンジンやその順位のお話しをするときは、
そのルールを作っているGoogleの方針に従う必要があります。

Googleに嫌われてしまうと、
検索順位を下げられてしまうばかりか、
検索結果から永久に追放されることがあるからです。

そして、
今回のテーマであるマルチポスト(重複コンテンツ)に関して、
Googleは下記のように言っています。

検索エンジンのランキング操作やトラフィックの増大を意図して、コンテンツが複数ドメインにまたがって複製されていることもあります。この種の偽装行為は、ユーザーが検索結果で実質的に同じコンテンツを何度も見ることになり、利便性の低下につながります。

重複するコンテンツ – ウェブマスター ツール ヘルプ

複数のドメインで同じコンテンツを作ることを『偽装』と表現しています。
そして極め付けはこちら。

該当するサイトはランキングが低下するか、Google インデックスから完全に削除されて検索結果に表示されなくなる可能性があります。

要するに、
マルチポストはランキング順位を落とすか、
検索結果から追放しますと完全に言い切っています。

ちなみに、
もし検索エンジンから追放された場合、
悪い点を修正(マルチポストを削除)すればもどってくることもありますが、

Googleが個別で対応してくれるワケではないので、
いつもどるかはGoogle以外の誰にもわかりませんし、
最悪の場合、永久に検索エンジンからの集客が見込めなくなります。

 

この時点でどんなメリットがあっても、
抱えるリスクが大きすぎます。

特に大切なビジネスのアカウントでは、
絶対にやめといた方が良いです。

 

そして、
もう一つの理由、、、

アメブロのアクセス解析精度の問題

アメブロを使っている方はご存じの方も多いかと思いますが、
「アクセス解析」という機能があります。

前日のアメブロへのアクセス状況が、
次の日の朝に確認できる機能です。

 

ただこのアメブロのアクセス解析の数字は、
実際の数字と大きな「かい離」があると言われています。

アメブロのアクセス解析の水増し率は約250倍ということが判明

マルチポストによって増えると思っていた集客は、
実は架空の数字である可能性が極めて高いということです。

一番のメリットがなくなるため、
こちらの理由でもマルチポストをオススメしません。

まとめ

以前は私はマルチポスト肯定派でしたが、
今は完全に否定派です。

私が携わっているコンサル案件やcafeliaのブログも、
マルチポストはやめるよう既に勧告済。

私のブログのアメブロも、
今回の件とは別の検証を終えた後、
キレイさっぱり削除してしまう予定です。

 

もしアメブロに限らず、
マルチポストを実践している方がいたら、
メインブログ以外の記事の削除をオススメします。

検索エンジンにまったく表示されなくなる、
その日までに。

SNSでもご購読できます。