結局どのソーシャルで集客すれば良いのか3大SNSで考えてみた

フェイスブック、ツイッター、LINE@などなど、小さなビジネスが活用できる媒体が多くなった昨今。いったいどの媒体があなたのビジネスの集客に向いているのでしょうか。

今回は、
そんなメルマガ読者さんからのご質問を取り上げ、
集客ソーシャル活用の媒体選定について私なりの見解をまとめてみました。

【無料版】集客ノウハウのメール講座を、先着限定配信中!当ブログ監修。詳しくはこちら

お客様の年齢層と利用イメージで仮説をたてる

ビジネスやマーケティング的なことは何でもそうですが、
まずは『仮説』を建てるところから始めます。

ここでいう仮説は、

一般的な情報と自分自身の経験則を掛け合わせて、
「こうじゃなかろうか?」とあたりを付けるステップです。

で、

利用者が多い3大SNSの

  • フェイスブック
  • ツイッター
  • LINE

で考えてみると、
(ミクシィは下火なので除く)

フェイスブック

本名で利用。
ちょっとフォーマルでおふざけは控えめ。
年齢層は少し高めなイメージ。

スーツを来たサラリーマンや、
働く女性が多い印象があるので、

  • オフィス街の居酒屋
  • 特別な日の高級なレストラン
  • 昼間に行列のできるラーメン屋

などなど、
お店の種類に関係なく、
ビジネスマン相手の幅広い業態に向いています。

地域を絞った広告も手頃な金額からチャレンジできるので、
やはり小さなビジネスにとって活用しやすいです。

ただし、既に同じ商圏の競合に先行されてしまうと、
ひっくり返すのが大変な印象も。

逆に地域で圧倒的なお店がいなければ、
まだまだチャンス!

ツイッター

多くの方が匿名で利用。
本名&フォーマルな人もいますが、
良くいえば気楽に、
悪くいえばふざけた使い方をする人が多い。

アルバイトが悪ふざけを投稿して炎上するのもほとんどがツイッターです。
(フェイスブックでできたらかなりのツワモノですね…)

で、
利用者の具体的なイメージは、

  • 20~30代のいわゆる『ゆとり』な人
  • ゆとり世代的な働き方・生き方をしている人
  • フェイスブックもやってるけど、ラフな発言はこちらなWEBに強い人

うーん、、具体的に言葉にするのが難しい。
私のイメージでは『サラリーマン(フェイスブック)』とは反対側のライフスタイルの人が多いように感じます。

  • 個人事業主
  • フリーランス
  • フリーター

などなど。
「派手にお金を使う層ではない」という言い方もできるかも。

そんな印象が先行して集客のイメージがどうしても湧かないので、
ツイッターをビジネス活用することから私は逃げています。。

大企業が扱う分にはいろいろと成功事例があるようですが、
小さなビジネスでは、、難しいな。。

ビジネスにおけるTwitter活用 成功事例まとめ

LINE@

さて、最も今注目されているソーシャルサービスといえばLINEですが、
LINEを商用目的で利用するには、
今年の6月から始まった『LINE@(ラインアット)』というサービスを利用することになります。

詳しいLINEのまとめは近々記事にしますが、
LINEはまさに『今』なツールなので、
若い世代ばかりが使っているようですが、
実は意外と年齢層は広いそうです。

なんでも下火のミクシィに告示しているのだとか。。

2013-10-23 01.09.32

↑ちょっと前に購入したLINEの本。↑
左がLINE,右がmixi。
たしかに似てるなぁ。。

こちらを引用させて頂いてます↓
LINE@ではないですが、LINEの全体イメージや大手アカウントの活用方法がわかります。

上のように尖った点がないように見える一方、
実は「スマホ持ちの女子高生の7割が利用」というデータがあるようです。

なので、
女子高生を客層に含むお店には、
必須のツールだといえそう。

 

サーティーワンアイスクリームは8月末にアカウントを開設したようですが、
まさにLINEのターゲットに「ドンピシャ!」といったところでしょう。

サーティワンLINE公式アカウントオープン!

ただこの商用利用のLINE@、月額5,250円します。
そして勘違いをしてはいけないのは、このサービス単体では集客能力が低いという点です。
新客獲得ではなく、既存顧客に対して再来店を促すことが得意なツールです。

なので、
小さなビジネスの集客視点で考えると、
ホームページやブログの方が優先順位が高いです。

グルメポータルなんかとも、
まったく違うサービスだという認識を持つべきです。

圧倒的に女子高生向けの業態ならば、
LINE@だけでもかなり儲かりそうですが…。

まとめ

こうやって見てみると、
機能は似たような3つのサービスですが、
ビジネスでの活用方法は大きく変わるのがイメージできるかと思います。

やはり私の印象では、

  • やっぱりツイッターよりもフェイスブック!
  • LINE@は未知数だけど目を離せない存在

といったところ。

あなたのビジネスの客層にあった、
ソーシャルサービスの発見に役立ててみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す